UV洗浄表面改質とは
HOME ≫ UV表面改質の仕組み

UV表面改質の仕組み

紫外線によって形成された活性酸素は,基板表面に衝突して表面層の分子鎖(ぶんしさ)を切断し、切断された分子と反応して新たな官能基(OH,CHO,COOHなど)を生成します。これらの官能基は親水性が高く、塗料・接着剤・コーティング材等との相性が良い為、密着力を飛躍的に改善・向上させる結果を生み出します。

1) 洗浄処理前

洗浄処理前 イメージ

2) UV照射

UV照射 イメージ

UVランプから照射される184.9nmの波長の紫外線により、酸素分子が分解され、酸素原子が発生します。また、基板表面の殆どの結合も分解されます。

3) UV照射

UV照射 イメージ

分解された酸素原子が、大気中のO2(酸素分子)と結合し、O3(オゾン)が生成されます。

4) UV照射

UV照射 イメージ

O3(オゾン)に253.7nmの波長の紫外線が、照射されるとオゾンは分解され、励起状態の活性酸素(O-)が生成されます。

5)

2)から4)が連続的に繰り返され、結合が分解された樹脂表面は非常に不安定な状態となり、周囲に存在する活性酸素と結付きます。

6) 表面改質

表面改質 イメージ

活性酸素が結付いた樹脂表面は「OH,CHO,COOH」等の官能基へと成長し改質されます。これらの官能基は塗料等と非常に相性が良く、密着力を飛躍的に向上させます。