UV硬化の特長

img_sub02

UV硬化の特長

UV硬化技術は、印刷分野から半導体や電子・光学部品などのハイテク分野にも欠かせないプロセスとして拡がっています。

UV硬化の応用

  • チップ部品の接着
  • モータマグネットの接着
  • ガラス、レンズの接着
  • リード線などの仮固定ほか
  • 電子部品のマーキング
  • CD、DVDの印刷
  • プラスチック成型品の印刷
  • シール、ラベルの印刷
  • 金属の防錆塗装
  • レンズのハードコート
  • 木工製品の塗装
  • 樹脂製品のハードコート
  • 液晶パネルの封止
  • 補修用パテ剤の硬化
  • 液晶パネルのメインシール
  • 電子部品の仮止め

 

UV硬化の特長

1
高生産性

硬化時間はわずか0.1~数秒

4
低温処理
2
環境性

有機溶剤を使用しないため、大気汚染・水質汚染を回避

5
省スペース
3
品質向上

艶度、強度、耐溶剤性、耐磨耗性、耐汚染性が向上

6
省エネルギー

関連記事

UV硬化とは UV curing & adhering

UV硬化とは UV curing & adheringの画像

UV硬化とは UV curing & adhering

紫外線(UV)硬化のメカニズムは、「光重合反応」が樹脂内で起こり液体が固体に変わることをいいます。紫外線(UV)硬化樹脂は、モノマー、オリゴマー、光開始剤と添加剤で構成されており、紫外線の照射を受け

UV硬化ランプ

UV硬化ランプの画像

UVランプ

樹脂の特性に合わせた紫外線ランプを選択UV硬化に使用される紫外線ランプには、高圧水銀ランプとメタルハライドランプの2種類があります。接着剤や樹脂の特性に応じたランプを使用します。高圧水銀ランプ

UV硬化装置の選定方法

UV硬化装置の選定方法の画像

UV硬化装置の選定方法

必要な波長とランプを選択樹脂、塗料の特性に合わせてお選び下さい。[1]高圧水銀ランプ [2]メタルハライドランプ(Fe) [3]メタルハライドランプ(Ga)照射エリアを選択照射したいワークサイズ