紫外線照度とランプ温度|処理事例

img_sub_jirei

紫外線照度とランプ温度

使用装置

UV照射装置: ASM1101N(110W低圧水銀ランプ)、オゾン分解装置
データロガー: グラフテック社製 GL220
照度計: オーク製作所製 UV-M03A
温度測定位置: 110W低圧水銀ランプ電極部固定アルミブロック表面温度(装置左側)を測定
UV測定位置: センサー表面-ランプ表面距離 30mm
測定波長: 253.7nm
表1 紫外線照度と温度の関係(ダンパー1/4開)
表2 紫外線照度と温度の関係(ダンパー1/2開)

表1よりダンパー1/4開口時は、冷却用外部空気の取り入れが不足して、ランプが冷却不足の状態です。その為、紫外線照度が12mW/c㎡でとまってしまっています。
一方、表2では開口を1/2に増やすことにより、十分に外部空気が取り入れられており(約1㎥/min)、 ランプ端子部温度を40℃前後に抑えることにより、表1より高い照度を出力しています。

当社紫外線照射装置は、最適な照度を保てるようランプ温度を空冷・水冷等によって調整して設計しています。

関連記事

UV洗浄表面改質データ|UVオゾン洗浄改質装置

UV洗浄表面改質データ|UVオゾン洗浄改質装置の画像

UV洗浄表面改質データ

表面自由エネルギー測定物質表面の接触角を測定し、物質表面の分散力、双極子力、水素結合力といった値を求めることで、ぬれ性・親水性、洗浄性・接着性などを調べます。 ぬれ性評価表面の

UV洗浄表面改質データ(材質別)|処理事例

UV洗浄表面改質データ(材質別)|処理事例の画像

UV洗浄表面改質データ(材質別)

ITO基板( Indium Tin Oxide:酸化インジウムスズ)サイズ :100×100mm9ポイント各点測定(測定ポイントは右図参照)UV洗浄装置:ASM110

UV洗浄表面改質データ(材質別Ⅱ)|処理事例

UV洗浄表面改質データ(材質別Ⅱ)|処理事例の画像

UV洗浄表面改質データ(材質別Ⅱ)

【ポイント】ベークライトサイズ :100×100mm5ポイント各点測定UV洗浄装置 :ASM1101N照射時間 :300s照射距離 :30mm