UV表面改質の仕組み|UV洗浄表面改質とは

img_sub01

UV表面改質の仕組み

紫外線によって形成された活性酸素は,基板表面に衝突して表面層の分子鎖(ぶんしさ)を切断し、切断された分子と反応して新たな官能基(OH,CHO,COOHなど)を生成します。これらの官能基は親水性が高く、塗料・接着剤・コーティング材等との相性が良い為、密着力を飛躍的に改善・向上させる結果を生み出します。

1) 洗浄処理前

洗浄処理前 イメージ

2) UV照射

UV照射 イメージ

UVランプから照射される184.9nmの波長の紫外線により、酸素分子が分解され、酸素原子が発生します。また、基板表面の殆どの結合も分解されます。

3) UV照射

UV照射 イメージ

分解された酸素原子が、大気中のO2(酸素分子)と結合し、O3(オゾン)が生成されます。

4) UV照射

UV照射 イメージ

O3(オゾン)に253.7nmの波長の紫外線が、照射されるとオゾンは分解され、励起状態の活性酸素(O)が生成されます。

5)連続反応

2)から4)が連続的に繰り返され、結合が分解された樹脂表面は非常に不安定な状態となり、周囲に存在する活性酸素と結付きます。

6) 表面改質

表面改質 イメージ

活性酸素が結付いた樹脂表面は「OH,CHO,COOH」等の官能基へと成長し改質されます。これらの官能基は塗料等と非常に相性が良く、密着力を飛躍的に向上させます。

関連記事

UVによる洗浄・改質の特長 UV cleaning & modifying

UVによる洗浄・改質の特長 UV cleaning & modifyingの画像

UVによる洗浄・改質の特長

UVによる洗浄・改質(UV cleaning & modifying)は、低圧水銀ランプから発光する短波長のUVの持つエネルギーとそれにより発生するオゾン(O3)の力で、素材表面の有機系皮膜除去やプラ

UVランプの波長について | UVオゾン洗浄改質装置

UVランプの波長について | UVオゾン洗浄改質装置の画像

UVランプの波長について

一般に紫外線洗浄・表面改質照射装置といわれる場合では、184.9nm、253.7nmの短波長を主波長として、効率よく放射する低圧水銀ランプが使用されています。光のエネルギーと運動量の塊は、フォトンと

当社UVランプの特長|UV洗浄表面改質とは

当社UVランプの特長|UV洗浄表面改質とはの画像

当社UVランプの特長

1. ランプの種類と特性低圧水銀ランプには熱陰極タイプと冷陰極タイプの2種類が存在します。電子放出方式の違いで分けられており、冷陰極は熱陰極と比べ発光効率が悪くなります。冷陰極タイプは単位密度が低